なぜベトナム

位置:ベトナムは、東アジア・東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。国土は南北に長く、北に中華人民共和国と、西にラオス、カンボジアと国境を接し、東は南シナ海に面し、フィリピンと対する。

ベトナムの国土は南北1,650km、東西600kmに広がる。面積は346,410 km2。北部は温帯性の気候であり、南部は熱帯性気候下にあり(ケッペンによる気候区分はサバナ気候)、5月から9月までが雨季となる。

 

2013年のベトナム

人口:9千170万人(2013年)

平均年齢:28歳

25歳以下は44%占有する

識字率:94%

ベトナムが受け入れたFDI(GPDとの比較率)はASEAN地域全体の第2位である

大企業の経営者の中でアウトソーシングは代名詞になる時、東南アジアは業界の主要なプレーヤーとなっている。なぜならというと、ベトナム8,600万人のうち、約60%人口は労働力で、約半数が25歳以下の若者なので、ビジネスでとらえるならば、経済成長することや生産能力増加することが見込まれ大いなるチャンスだと言われるから。
また、ベトナム人は親日家であり、他のアジアの国と比べ、対日感情が激しくなく、ビジネス上のパートナーとしては激しい面がない。その上、もう一つベトナムの強い点ですが、中国、韓国それとも東南アジアの各国と比べ、ベトナムの人件費が低いである。さらに、勤勉さ、真面目さは日本人と平均レベルと比較すると、同じぐらいレベルだとよく言われる。言われたことをきちんとし、仕事中の感度もまじめである。
 
  • 人件費が低い
  • 熟練な労動力、労働力の確保
  • 勤勉で、良好な道徳
  • 港への最も容易なアクセス
  • 安定な政治、良好な貿易政策